4590249441-500x374
こんにちは、Keiです。

元日本代表で長い間ゴールマウスを守ってきた、
守護神、川口能活選手(40)が、
所属するJ2のFC岐阜を退団しました。


FC岐阜で迎えた2年目のシーズンは、リーグ戦6試合の出場でした。


今年は膝を痛めてしまっていて、ほとんど試合に出ることが出来ず、
最終節の出場も、万全なコンディションではなかったのではないかな?


FC岐阜の公式ホームページによると、
契約満了に伴い、契約を更新しないこととなりました。ということです。


本人のコメントとして、

「2年という短い間でしたが、常にサポートしてくださったファン・サポーターの皆様、本当にありがとうございました。
感謝の気持ちしかありません。
岐阜の皆さんは本当に温かい応援をしてくれて、つらい時でも力になってくれたし、
常に一緒に戦ってくれて、長良川競技場の雰囲気は最高でした。
チームに貢献することは出来なかったけれど、2年間楽しかったです」

と、岐阜のサポーターへの感謝の気持ちを表明しています。


川口能活選手は、現役を続けることを希望していて、
まずは受け入れ先のチーム探しになりますね。


◉川口能活選手について

photo_03川口能活(かわぐちよしかつ)
出身地      静岡県富士市
生年月日     1975年8月15日
身長/体重     180cm/77kg
ポジション    ゴールキーパー
利き足      右

清水商業高校卒業後、横浜Fマリノスへ入団(1994~2001)
2001~2003 ポーツマスFC(イングランド)
2003~2004 FCノアシェラン(デンマーク)
2005~2013 ジュビロ磐田
2014~2015 FC岐阜




年齢的にも、この先も現役を続行するのはキビシイと思いますが、
フィールドプレイヤーと違い、ゴールキーパーなら、
意外とまだイケるのかな?


ただ、やはりいくら元日本代表の守護神とはいえ、
次に行くチームでも、若手の経験値を上げたいだろうから、
おそらく控えが多いだろうことは、予想できますね。


ボクは、川口選手には、
まずはコーチなどをして若手の指導にあたってもらい、
ゆくゆくは日本代表の監督まだ行ってもらいたいのですが・・・