2016050215200549b

 

 

 

ど~も Kei です^^

 

斉木楠雄のΨ難をご存じですか?
週刊少年ジャンプで連載中の漫画で、学園もののギャグ漫画です。

昨年、2015年に実写映画化は決まっていましたが、2016年5月2日にアニメ化も決定したようです。
アニメ化の情報が拡散して、話題になっている「斉木楠雄のΨ難」

 

○斉木楠雄のΨ難という漫画

○重大発表の実写映画化

○斉木楠雄のΨ難アニメ化

 

などについて調べ、紹介していこうと思います。

スポンサードリンク


ボクは、斉木楠雄のΨ難という漫画のタイトルは知っていましたが、どんなストーリーなのかは知りませんでした。

 

ということで、まずは、「斉木楠雄のΨ難」とはなんぞや?というところから切り込んでいこうと思います!

斉木楠雄のΨ難という漫画

作者 麻生周一

出版社 集英社

掲載誌 週刊少年ジャンプ

レーベル ジャンプ・コミックス

発表号 2012年24号~連載中

巻数 17巻

(出典:wikipedia)

 

斉木楠雄のΨ難のことについて書く前に、生みの親である麻生周一さんという作者について少し紹介しようと思います。
麻生周一(あそう しゅういち)さんは、1985年12月26日生まれの現在30歳になる漫画家さんです。

12月26日ということは、クリスマスの次の日なので子供の頃の誕生日のお祝いは、クリスマスと一緒になってしまい損した気分になってしまったのではないでしょうか(笑)

どうでもいい余談でしたね^^;

 

出身地は、埼玉県入間市で2006年に週刊少年ジャンプに掲載された、「勇者パーティー現る」でデビューしています。
斉木楠雄のΨ難の連載が開始されたのは、2012年から。

斉木楠雄のΨ難という漫画をざっと説明すると、超能力を持って生まれた斉木楠雄は、その能力でなんでも出来てしまいますが、とにかく目立つことが嫌い。

平穏な日々を過ごしたいので、家族以外に能力を事はほぼ知っている人いないが、斉木楠雄の周りには個性的な人達が集まり、トラブルに巻き込まれていく。

と、簡単に言うとそんな感じの漫画です。

 

週刊少年ジャンプの漫画だと、ワンピーストリコくらいしか読んでいませんでしたが、斉木楠雄のΨ難はちょっと読んでみようかと思いました(笑)
最近、HUNTER×HUNTERも再開しましたが、またいつ休載してしまうか分かりませんしね^^;

スポンサードリンク


重大発表の実写映画化

昨年、2015年に重大発表とし、斉木楠雄のΨ難の実写映画化が発表されました。
ファンとしては楽しみなニュースでしょうが、やはり気になるのは、そのキャストではないでしょうか。

斉木楠雄は、漫画の中では言葉は一切しゃべりません。
まあ、しゃべれないんじゃなくて、しゃべるのが面倒なだけみたいですが(笑)

周りの人々は、斉木楠雄の表情を読み取って話が進んでいくという具合です。

 

なので、斉木楠雄の役をやる俳優さん的には表情で気持ちが伝わるような演技力の求められる、けっこう難易度の高い役でしょう。
それでは、適役の俳優さんは誰がいいと思いますか?

ボクは、福士蒼汰くんがなかなか適役ではなかろうかと思うのですが、あなたはどう思いますか?

 

 

5e20b24b64cc645c16ef80172a54a82a-770x400-1407744455

 

 

とはいえ映画化発表から1年弱たちますが、未だにキャストは決まっていないようで、予想でしかないのですが^^;

斉木楠雄のΨ難アニメ化

さて、今度はアニメ化の話題ですが、ネットでアニメ化のことを調べているとファンのみなさんは、実写映画化よりもアニメ化の方を待っていたように感じます。

実写映画化の発表からおよそ1年。
映画化の計画がどの程度進捗しているのか分かりませんが、アニメ化の方がキャストも決まり、具体的になっているようです。

 

斉木 楠雄 神谷 浩史

海藤 瞬 島崎信長

燃堂 力 小野 大輔

斉木父 岩田 光央

斉木母 愛河 里花子

 

正直、声優さんのことはあまり知りませんが、斉木楠雄の声を演じる神谷浩史さんは

 

1115801_300

アニメのワンピースで、トラファルガー・ローの声を演じている声優さんです!

まだボクは、斉木楠雄のΨ難についてあまり知らないので、斉木楠雄の声が神谷浩史さんということが、適役かどうかは分かりませんが興味はありますね!^^

おわりに

週刊少年ジャンプに連載中の「斉木楠雄のΨ難」という漫画がアニメ化になるということで、

 

○斉木楠雄のΨ難という漫画

○重大発表の実写映画化

○斉木楠雄のΨ難アニメ化

 

などについて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございました^^