石田祐未2
ど~もKei です^^

 

 

 

1月24日の大相撲初場所で、大関の琴奨菊が、

 

10年ぶりに、日本人力士が優勝を飾りました。

 

 

 

正確には、「日本出身の力士は」になるのですが、

 

なんか違和感がありませんか??

 

 

 

どういうことかというと・・・

 

 

 

それは最後の「まとめ」で(笑)

 

 

 

琴奨菊関の優勝会見時、頬にキスをする奥さんを見て、

 

「え?めちゃめちゃ可愛くない?」と思って、

 

奥さんについて、すぐに調べてみました!

 

 

 

奥さんの名前は、報道では「祐未」さんとしか出ていなかったのですが、

 

「石田祐未」さんといいます。

 

 

 

 

今回は、石田祐未さんの

 

 

プロフィールについて

 

学歴や性格は?

 

実家や両親は??

 

 

ということについて調査したので、紹介していきますね!

スポンサードリンク


 

 

石田祐未さんのプロフィール

石田祐未
 

名前 石田祐未(いしだ ゆみ)

 

生年月日 1987年

 

身長/体重 不明(下記に考察あり)

 

出身地 東京都

 

学歴 学習院大学

 

語学 日本語、ロシア語、英語、スウェーデン語

 

前職 アパレル業

 

 

 

生年月日ですが、公表されてはいませんですした。

 

 

 

2015年7月に結婚発表した当時に、28歳だったので、

 

現在は、おそらく29歳だと思います。

 

 

 

身長/体重についてですが、石田祐未さんのプロフィールの下の画像から、

 

琴奨菊関の身長が、178cmということで計算すると、

 

石田祐未さんの身長は約152cmだということがわかりました!

 

 

 

と、いうことは、身長がわかれば、大体の体重もわかるので、

 

152cmの有名人の身長を調べてみると・・・

 

 

 

aiko 身長152cm/体重41kg
aiko
志田未来 身長152cm/体重40kg
志田未来1
大島優子 身長152cm/体重43kg
大島優子
だということがわかりました。

 

 

 

これを参考にすると、だいたい40kgより少し上くらいと考えられるので、

 

ボクの予想では、43kgではないかと思います!!

 

 

学歴や性格について

石田祐未3
学歴ですが、高校を調べたかったのですが、情報がありませんでした。

 

 

 

出身大学が、学習院大学ということで、その出身者は皇族や政界人、

 

その他様々な分野で活躍している、エリートの方々が多いので、

 

石田祐未さんも、エリートだと言っていいでしょう。

 

 

 

幼少時、父親の仕事の関係で、スウェーデンで生活していたこともあり、

 

スウェーデン語は堪能だし、他に、英語ロシア語も使いこなせるということからも、

 

勤勉だという性格がよくわかります!

 

 

 

また、前職ですが、アパレル業だったというだけで、

 

詳しい情報は見つけることが出来ませんでしたが、

 

エルメスで働いていたのではないか?という噂がありました。

 

 

 

実際のところは、分かりませんでしたが、

 

その可能性は十分考えられるのではないかと思いました。

 

 

 

琴奨菊関と結婚されて、料理の勉強もし、フードマイスターの資格を取得し、

 

食事の面から大関のサポートをしていたそうです。

 

 

 

やはり、語学同様、これだと思ったものに対する集中力というのは、

 

飛び抜けているのではないかと思います。

 

 

 

なかなか、分かっていても、やろうと思ってできることではないですよね^^;

 

 

 

よく出来た奥さんで羨ましい限りです^^

 

奥さんと二人三脚で、琴奨菊関にはこれからもがんばって欲しいですね!

 

 

まとめ

 

 

 

 

さて、冒頭の続きで、今回の優勝でマスコミはなぜ、

 

「日本人力士」とは言わずに「日本出身力士」の優勝と、

 

気になる言い方をしたのかという疑問についてです。

 

 

 

それは、

 

 

(優勝年:~月場所/国籍)

 

・琴奨菊(平成28年:1月場所/国籍:日本)
琴奨菊

・日馬富士(複数あり/国籍:モンゴル)
日馬富士

・鶴竜(複数あり/国籍:モンゴル)
鶴竜

・白鳳(複数あり/国籍:モンゴル)
白鳳

・照ノ富士(平成27年:5月場所/国籍:モンゴル)
照ノ富士

・旭天鵬(平成24年:5月場所/国籍:モンゴル→日本)
旭天鵬

・把瑠都(平成24年:1月場所/国籍:エストニア)
把瑠都

・朝青龍(複数あり/国籍:モンゴル)
朝青龍

・琴欧洲(平成20年:5月場所/国籍:ブルガリア)
琴欧洲

・栃東(平成18年:1月場所/国籍:日本)
栃東

 

 

と、上のリストを見てもらうと、、平成28年の今年以前、

 

日本出身の力士が優勝したのは、平成18年の1月場所以来なんです。

 

 

 

平成24年の5月場所で、旭天鵬関が優勝していますが、

 

2005年(平成17年)モンゴル国籍から、日本へ帰化しているんです!

 

 

 

なので、平成24年に優勝した時は、日本国籍ですが、

 

出身はモンゴルなので、それ以降、「日本出身の・・・」と、

 

付くようになってしまったんですね!!

 

 

 

今回は、日本出身の力士が10年ぶりに優勝し、

 

優勝した大関琴奨菊関の奥さんがあまりにも素敵だったので、

 

石田祐未さんについて紹介させていただきました(笑)

 

 

 

次の春場所(3月場所)もがんばって優勝してもらって、

 

久々に日本人力士の横綱がみたいですね!!